本文へスキップ

お財布はファッションの決め手である

お財布はファッションの決め手である

自分が使う場合も、プレゼントとして贈る場合も、財布選び使う人のイメージにこだわろう!

プレゼントするなら、その人をイメージした財布を


僕は自分の大事な人にプレゼントする時に必ずと言っていい程初めは財布を選びます。
なんでかと言われると大事な人をイメージしやすいものだからです。

知り合って浅い人なら分かりませんが、自分が長く付き合ってきた人には
自分の好きなものではなく自分の思うその人のイメージのものをプレゼントします。
それをするのがやはり僕の中では財布が一番選びやすいです。

例えば彼女だったとします。
いつも着ている服がピンクが多いようだったらこの子はピンクが好きなんだなとか
有名なブランドが好きだったらこのジャンルのブランドが好きなんだなとか色々推察しやすいと思います。

服やバックは選択肢が多すぎるために失敗してしまう可能性が出てきます。
しかし財布だったら新作をプレゼントしてあげると女性は新作に弱いのでとても喜んでくれます。

自分が身につけてほしいものをプレゼントするのもいいのですが、
やはりそういった喜ぶ顔が見れるのは本当にいいなと思います。

この前は僕の祖母の還暦の祝いをしました。
その時もずっとお世話になった祖母のイメージで赤よりも少し暗めの赤の財布をプレゼントしました。
歳に合ったものをと思ってそのカラーを選んだのですが、その中にも可愛いチャームが入ったものを選びました。

60とは言えども、やはり女性だと思います。
そこでチャームが入ったものを入れることでいつまでも綺麗な女性で居てください。
という意味もこめました。
喜んで貰える事が自分にとっては嬉しいことです。

デザイン・質・色・収納力がお財布選びの決め手になる


私がお財布を選ぶときにこだわるのは、デザイン、質、色、収納力です。
お財布って出す機会が多いものですよね。

なのでデザインはかなり重要なポイントになります。
財布メンズ.tvによると、デザインの素敵なお財布を持っていれば、それだけで楽しくなりますし、
出す時も嬉しくなるという人が多いようです。

そして質と色も大事です。
私は革やエナメルのような素材感のものが好みで、布のような質感のお財布はあまり好みではありません。
革やエナメルのような素材で、なおかつ色は濃い目の色の物をよく選びます。

なぜ色が濃い目の物を選ぶのかというと、以前一度明るめの色のお財布が気に入り購入したことがあるのですが、
お財布はよく触るものだし、出し入れしていくうちに汚れが目立つようになってしまった事があったのです。
しかもまだ買ったばかりなのに、どんどん汚れが目立ってきてしまって…。それがすごくショックだったのです。

決して安くないお財布でしたし、それを長く使おうと思っていたのに拭いたりしても汚れが落ちず、
どんどん目立っていくので、結局早々に他のお財布に変えなくてはいけなくなってしまった事がありました。

その経験からお財布は濃い目の色の物を選ぼう!
と決めそれ以来濃い目の色のお財布を選ぶようにしています。

収納力も大事なポイントです。
収納がなぜ大事かというと、やはりカード類をちゃんとしまえないとお財布として機能しないからです。
銀行のカード、クレジットカード、病院の診察券、ポイントカード等、今ってカード類がすごい多いですよね。
どこかの会員になればすぐカードが発行されますし、美容室に行ってもカードが発行されたりします。

そういうものは普段持ち歩いていないと、不便なんですよね。
ですからそれがお財布の中に綺麗におさまるようなポケットがたくさんあるお財布はとても便利ですし
お財布を選ぶときにはそういうお財布を探すようにしています。

今私が使っているお財布は大体5万円ぐらいです。
お財布で好きなブランドはルイヴィトンやイブサンローラン、プラダ、シャネルが好きです。
もしプレゼントで頂くにしてもこのブランドの中でのどれかをプレゼントで頂けたらうれしいです。

どのブランドのお財布でもやはり今は長財布のものの方が使い勝手が良いのではないかなぁと思います。
長財布だと収納力はバッチリですし、お財布を単体で持っても長財布でこのブランドのお財布なら素敵だと思います。
お財布も大切なファッションの一部ですから、こだわりを持ってしまいます。